はじめに

今回はSwiftの文字列の基本的な内容について説明していきます!文字列は非常に重要でiPhoneアプリ開発では必ず文字列は使わます。

文字列はいろいろと覚えることが多いですが、基本的な部分だけをおさえてわからない部分が出てきたら、その都度調べ直すといいでしょう。

文字列の基本

早速、XcodeのPlaygroundで文字列をいろいろ試してみましょう!Playgroundの作成方法は以下の記事を参考にしてください。

初期設定と初めてのSwiftプログラミング – Swiftプログラミング入門2

 

文字列型の変数の宣言

文字列の変数宣言は以下のように宣言します。

 

空の文字列の作成

以下の文字列の変数宣言で空の文字列を作成することができます。

 

文字列の連結

文字列の連結は「+」演算子、または「+=」演算子を利用します。

Playgroundで確認すると以下のようになりますね〜

スクリーンショット 2016-01-03 6.21.55

 

特殊文字

文字列に改行、ダブルクォーテーションなどを挿入したい場合は以下の特殊文字を使用します。

特殊文字内容
\0ヌル(nil)
\バックスラッシュ
\tタブ
\n改行
\rキャリッジリターン
\"ダブルクォーテーション
\'シングルクォーテーション
\xnnユニコード(1バイト)
\unnnnユニコード(2バイト)
\Unnnnnnnnユニコード(4バイト)

 

文字列に変数の値を挿入する

バックスラッシュ\と()で変数を囲むと変数の値を文字列に含めることができます。

 

文字列を比較する

文字列が同じかどうかは「==」演算子で比較することができます。

Playgroundで実行すると以下のようになります。

スクリーンショット 2016-01-03 20.12.53

スクリーンショット 2016-01-03 20.13.22

 

文字列の型変換

文字列を数値に変換する

「description」メソッドを利用すると文字列から数値に変換できます。

 

数値を文字列に変換する

整数から文字列に変換する場合は、「toInt」メソッドを使用します。

浮動小数から文字列に変換する場合はちょっとややこしいですがNSString型に変換して「doubleValue」メソッドまたは「floatValue」メソッドを使用します。

 

文字列操作

同じ文字を繰り返して変数に格納する

同じ文字を繰り返して変数に格納するには以下の通りに記述します。引数countに繰り返す回数、repeatedValueに繰り返したい文字列を設定します。

 

文字列の文字数を調べる

文字列の文字数は「countElements」関数で調べることができます。

 

文字列の大文字、小文字に変換する

大文字に変換するにはStringの「uppercaseString」メソッド、小文字に変換するには「lowercaseString」メソッドを使用します。

 

特定の文字が含まれているか調べる

文字列に特定の文字が含まれているか検索するには「find」関数を使用します。

 

文字列の一部分を取り出す

文字列の一部分を取り出すには、NSString型に変換して抜き出します。文字列の先頭から指定した文字数を抜き出す場合は「substringToIndex」メソッドを使用します。

文字列の取得するスタート地点を指定して、それ以降の文字を全て取得する場合は「substringFromIndex」メソッドを使用します。

文字列の取得範囲を指定する場合は「substringWithRange」メソッドを使用します。

 

文字列の一部分を置換する

文字列の一部分を置換するには「stringByReplecingOccurrencesOfString」メソッドを使用します。

 

文字の挿入、削除を行う

文字列の後ろに追加する場合は「appendString」メソッドを使用します。

文字列の途中に挿入する場合は「insertString」メソッドを使用します。

文字列の一部分を削除するには「deleteCharactersInRange」メソッドを使用します。

 

文字列の分割

CSVファイルなど「,」で区切られている文字列などは「componentsSeparatedByString」メソッドで分割して配列に格納することができます。

 

まとめ

文字列の扱いでSwiftは以前iPhoneアプリ開発で使われていたObjective-Cよりは使いやすくなりましたが、NSStringに変換したいといけない場合があるなど他のプログラミング言語と比べてまだ使いにくいところがありますね~^^;
でも上記の文字列に関することは重要なのでしっかりマスタしましょう!

 

参考サイト

文字型 | Swift言語を学ぶ

Swift ストリング String | H4S Lab.

 

参考文献

詳解Swift [ 荻原剛志 ]

詳解Swift [ 荻原剛志 ]
価格:3,218円(税込、送料込)