f:id:t_higashi5494:20151102230937j:plain
日本人のほとんどが選択するサラリーマンという働き方。自分も学校を卒業してから約10年間サラリーマンとして働いていますが最近、サラリーマンという働き方はハイリスクな働き方だと感じています。

副業をやっている人は別ですがサラリーマンがハイリスクだと思う理由を挙げます。

1.収入源が会社からの給料だけである

収入源が1つというのはかなり危険です。私の父親がある会社に務めていてかなり収入があったのですが
50代になりリストラされ… リストラされると一気に路頭にまよいます。
かなり苦労して次の仕事を見つけましたが収入が激減し現在でも苦労しています^^;

2.好きな仕事ができない

経営者の方針や上司の命令は従わないといけないです。好きじゃない仕事を押し付けられることも多く急な残業、休日出勤も従わないといけないです。

3.クソ上司など人間関係にストレスを抱える

どこの会社にも理不尽な上司、嫌な同僚など収入を得るために我慢しないといけないですね。
私も数回、転職していますがどこに行っても人間関係の悩みは尽きないです。在宅ワークが社会に浸透すればこの部分はかなり解消されると思いますけどね。

4.時間の融通がきかない

毎日、9時から18時まで会社にも拘束され残業で数時間さらに拘束される。定時で帰ったり、有給を取りすぎると上司から冷遇されたりすることも…

5.働く場所が選べない

働く場所が選べないのもリスクですね。私も急な出張、転勤を経験しています。
マイホームを購入した途端に転勤となると目も当てられないですね。

ただサラリーマンも数々の社会保険があり毎月決められた収入があるという
メリットがあるのでサラリーマンのメリットを活かしつつ副業から複数の収入源を確保してサラリーマンから独立するしかしかないですね。

私もクラウドソーシング、アプリ開発ブログなどあらゆる手段を使って複数の収入源を確保します!

ホリエモン「『就職すれば安泰』と思ってるやつが一番ヤバい」――正社員・バイト論争を一喝|U-NOTE [ユーノート]

私が仕事を辞めて独立して起業をすることになった理由